僕は田舎もんだ。かっぺとは言わないでね

渋谷、原宿に人生で初めてきて、びっくりした。

田舎にはいない綺麗なげーこくじんや可愛い女の子、お洒落な人、金持ちそうな人間と、東京にはいろんな人が集まるんだなと再確認。

今回、僕が東京に来た理由は

  1. 身内に会うこと
  2. トレンドをみること
  3. NB990を買うこと
  4. 可愛くて仕方がない女の子をチラ見すること

田舎だからとかいうわけではなく、可愛い女の子をみることが少ないんですよね日頃。

過疎化ってやつでしょうか?

若くて夢を見る少女達はみな都会に巣立っていくため、必然的に残るのはお洒落に興味がない女の子や親鳥しかいないと。

 

あぁ、親鳥も気にしないで食べちゃうほどの器をもつ紳士だったらよかったのだが、慰謝料が怖いのよね。

 

話はそれましたが、NB990を買いに行ったついでにお洒落な服を買おうと思ったのですが、あれですね。

 

欲しい服が見つからない。

僕は服を買う時はお洒落だから買うというわけではなく、その服がどういった経緯で作られて使用されたのかという歴史に興味をもつことが多いです。

仮にシェラデザインのマウンテンパーカーが気になるとしたら、自分好みのデザインをみてから、商品の歴史やディテールなどを調べてから購入にいたります。

なぜ、この部分にポケットがあるのかとか、なぜ、この部分にこれがあるのかとかを知ることが好きです。

 

そして、今回、原宿に来て、いろんなこだわりの服をみましたが、僕の心を動かすような物がありませんでした。

 

素晴らしい物はいっぱいありましたよ。

バブアーの125周年モデルなるものや、ホカオネオネの防水ブーツのオリーブ色などたまらない物がありました。

しかし、物と人が多すぎてゆっくり物と落ち着いて商品をみることができなかった。

人が多いとあれだ。イライラするし酔いそうになりますね。

つくづく僕は田舎者なんだなと思う笑

 

今回、東京に来れてよかった。

東京には住みたいとは思わなかったけど、年に1回は行って遊びたいと思った!

 

来年も行けるように仕事頑張るぞ!!!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です