VANS スリッポンとオールドスクールPROの雑記と経年変化?について

雑記と経年変化について

スリッポン

購入してから約10年ほど経過しただろうか…何かの雑誌に影響されて購入したのは覚えていて買ったはいいものの合う服を持っていないという理由で気がついたら出番がなくなって結局は靴箱で放置していました。

 

数年ほど前から父が履いているため、結構、味が出ているように見えます。


仮にVANSのスリッポン黒に経年変化を求めるとなればキャンバスが日焼けによってまだらになった色でしょうか。

 

個人的にはスニーカーはできるだけ綺麗に履きたいと考えてはいますが、例えば少し汚れた方がかっこいいと思えるスニーカーもあるのです。

それがバンズやアディダスのスーパースターと僕は思っている。

 

この考えが特殊というわけではないようで確か2018年のアメトーーク!のスニーカー芸人のどこかのシーンで雨の日に履くスニーカーを「育てるようのスニーカーね」と言っていた気がします。

その時にVANSのオールドスクールとかは少し汚れた方がかっこいいという言葉を誰かが言っていた記憶があって当時はプライベートで履くようのスニーカーは持っておらずビルケンやレッドウィングなどのレザーの履物ばかりだったので気持ちはわかりませんでしたが、今の僕にはほんの少しわかる気がする。

 

それが↑のようにガシガシ履きこまれて脱色したのがよく見えたりします。

しかし、これは自分が履き込んで育てたわけではないので愛着どころかかっこいいとは思うことはありませんがこれが自分で履き込んだとしたら別。

風合いがかっこよくて仕方がないと思うことでしょう。

新品時にはない風合いでキャンバス地スニーカーだけの楽しみ方で脱色して茶色くなっていて面白い!

 

スリッポンのよさはざっとあげると

  • 着脱が楽でサッと履ける
  • ほどよいホールド感があってすっぽ抜けない
  • 値段が安い

ということでしょうか。

流石にソールの汚れは清潔感がないので「汚れも経年変化!!!かっこいいでしょ!!!」とは言えない笑

 

履き心地は正直いいとは言えませんが、合わせやすいデザインにリーズナブルな価格ですのでいつか購入しようと考えています。

しかし、次に購入するのなら日本企画ではなくUS企画のものを履いてみたいですね!

違いはあるのだろうか?

 

 


オールドスクールPRO

購入したのは2017年の夏…クロスバイクを購入した時に乗りやすい靴はないかとググった時にオススメででてきたのがオールドスクールでした。

ソールのワッフルソールがグリップがペダルを漕ぎやすいですし何よりVANSの値段が比較的安いし気兼ねなくガシガシ履けるという理由で購入しました。

ちなみに僕が持っているモデルはPROモデルでありABCマートなどで売られているモデルよりはクッション性があって歩きやすい。

中には厚めのインソールが入っているためです。

流石に、今はニューバランスなどを履いているのでそれに比べるとローテクなので圧倒的に履き心地は劣りますが、この完成されたデザインが本当にかっこいいと思っているので、このプロモデルを履き潰したら王道ですが黒×白を購入して育てたいと思っています。

vansの紐タイプの場合は全体はもちろんのことベロ部分にも脱色が見られる。

 

つい最近まではずっと靴箱に眠っていたのですが、購入して数ヶ月はこれを履いて海までポタリングをしたりして楽しかったもんです。

ちなみにこの時の僕の服装はまだ紹介していないリュックに、グラミチのクライミングパンツのネイビーにグッドウェアの白TシャツにPROモデルという服装でした。

 

 

 

シンプルですが動きやすくて自転車に乗りやすくて出かける時は必ずこの格好でした。

ガシガシに履きこみすぎてネイビーの色が紫になるほど履き込んでしまいました。

少し思い出を語ってしまいましたが本当に思い出があるのです。


結局のところ経年変化とは?

vansの経年変化を求めるとなれば紫外線によって脱色した色むらのことだと僕は考える。

 

たぶんですが大多数の人がただ劣化しただけと思うでしょうが一部の変態たちはそれに魅力を感じるかもしれません。。

ぶっちゃけ↑にあげたものはソールも汚いし手入れもしていないため汚いですが、スニーカー芸人の誰かがボソッといったようにVANSは少し汚れたくらいがかっこいいと思っている人もいると思う。

 

今回の記事はその変態たちに向けた記事であり僕の自己満足の記事でもあります。

 

では今回の記事をVANSのツーショットで終わりにいたします。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です