(FV2831)日本の職人技を魅せている上質なスーパースター

FV2831に商品説明

日本のデザインにインスパイアされた上質なスーパースター。

スーパースターは紛れもなく、アディダス史上最もアイコニックなスニーカー。幾つもの世代とあらゆる垣根を超えて、バスケットボールコートからストリートシーンまで幅広く人気を集めてきた。今季モデルは、コルク使いの中敷とミニマルなデザインで端々に日本の職人技を魅せている。 お馴染みのラバーシェルトゥも健在。※「Super Star」は、株式会社ムーンスターの日本における登録商標です。
少し前に、人生初スーパースターを購入して今回は同じモデルの色違いを購入をしました(↓前回購入した記事です↓)
今回は同じモデルの色違いを購入したため、ところどころ省略いたしますので気になる方は↑の記事をご覧ください。

ディテール

シューズボックス

youtubeや他のブログをのぞいてみるとFV2832のモデルであったような特別仕様の白の箱だったのですが今回の箱は通常の青箱となっています。

前回購入したFV2832はスーパースターのアウトソールの模様がデザインされた巻き紙がついていたのですが巻き紙も通常モデル。

 

箱に異常があった場合は、取り替えることがあったりしたりするケースがあるみたいです…また製造時期によって仕様が異なる場合もあるとお問い合わせで調べました。

少しガッカリしましたが靴がメインですので気にしないようにします。


靴本体

 

商品番号:FV2832

色:ホワイト/コアブラック/ブルー

生産国:ベトナム

革の種類;牛革

 

シェルトゥの黄ばみ加工がされていてヴィンテージな風合いに仕上がっています。

このモデルでは、単色ベロとなっておりシンプルな見ためで金ベロとは違って大人っぽい印象を受けます。

かかとにはトレフォイルマークとブランド名があります。

今作は型押しされています。

ソール裏にもしっかり加工されています。

FV2831(今回)とFV2832の靴の特徴はOrthoLite社のコルクインソール。

個人的に気に入っているのがぱっと見は定番のスーパースターに見えるのですが、脱いだ時に見えるコルクインソールが違いを見せることができるのだ。

 

このこだわりは脱いだ時にしかわからない隠れたオシャレと言ったらいいのか…この内なる変態性が僕の心を揺すぶったことで購入したいと思ったのです。。。

ソール全体に加工がされているのがわかりますね!

ヴィンテージの場合はフェルト生地らしいですが、横の3本線(スリーストライプ)もレザーなのでオールレザーです。

嬉しい♪

横に金ロゴで『SUPERSTAR』と型押しされています。

紐の先端にはゴールドのシューレースチップがついているので紐が横にくるように調整したい。

付属品として黒のシューレースもついています。

紐を変えるだけで見え方も変わるものですね!


 

さいごに

今回はスーパースターFV2832を購入したという記事です。

魅力についても書くつもりではあるのですが、この商品が本当に気に入っているからこそある疑問が頭の中に浮かんできました。

 

それをちかいうちに、記事にしようか考えています。

根拠はないためもしかしたら考えすぎなのかも笑

 

けど自分なりの記事を書こうかな?

では、FV2832の記事を修正しつつ記事作成に入っていくぞ!!!

 

では

 

 

 

 

 

 

Follow me!

(FV2831)日本の職人技を魅せている上質なスーパースター” に対して4件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です