オナ禁25日目 スクワットは性欲を高める

気がついたら早くも禁欲生活が25日目を突破しました。

 

特に無理もせずストレスもなく日にちを更新できている。

ここ最近は、禁欲生活をしてよかったと感じられる効果がある。

  • いろんなことをしたいと思うようになってきた。
  • 女性に緊張しないで話すことができる
  • 向上心がでてくる
  • ドキドキしてくる
  • 疲れにくくなってきた

 

不思議だ。

 

禁欲を初めてからというもの上記のような効果を感じてきている。

 

家で自分を慰める行為をしなくなってからというもの、異性を変な目で見なくなったから罪悪感とかそういった変な感情で接することがなくなったから緊張しなくなったのかな?

 

ここ最近は自分でも変わってきたとわかるくらい精神面の変化がすごい。

本当に1ヵ月前までなにも楽しくなく時間が経過するだけの無気力な人任せの毎日だったのが、今では「○○をしたい」って心の底から思えるほど変わってきた。

 

継続はしているけど現状維持だった筋トレもやる気がでてきてもっとかっこよくなりたいと思えてきた。

昨日、ジムで筋トレしてて、バーベルスクワットをやった。

1ヶ月前までは自分に甘えてある程度で終わらせていたけど、昨日は、深くしゃがんで、限界にちかいほど追い込んだ。

 

バーベルスクワットは筋トレ経験者ならわかるけど深ければ深いほど死ぬほどきついです。

 

昨日はモチベーションが高すぎてフルボトムスクワット90kg×5repできた。

 

そのあとは重量をおとしていき汗だくになりながら次はレッグプレスで追い込み完了。

 

きつかったけど嫌なきつさではなかった。

 

帰りにあまりにもきつそうだったのか、ジムのトレーナーさんから心配されたほどだ。

ここで、禁欲の効果?って無理矢理、関連付けすると、そのトレーナーさんとは1度も話したことなく、女性だったということだ。

 

すげぇぇぇぇ!!!!!オナ禁すげぇぇぇぇ!!!!

 

とはならず、死にそうな顔してたから心配されただけだろう。。。


タイトルにもあるとおり、スクワットは性欲を高めると感じたことだ。

 

朝起きてみると息子がガチガチだったこと。

その後はしばらくの間ムラムラして妄想していた。

 

上半身の筋トレをした翌日とかは特にこういったことはないのだが、スクワットをして追い込んだ時よく、朝立ちと性欲の向上がみられることがある。

 

スクワットでテストステロンが分泌されたからだろう。

 

テストステロンには性欲をあげる効果もあり、他にも男らしい体を形成する役割をしたり、精神面ではリスクのある決断をすることができたりする男性には欠かせないホルモンだ。

 

性欲が強すぎて禁欲ができないという人はスクワットをやると性欲が高まるからある程度、日数を稼いでから性欲が安定するまでは控えたほうがいい運動かもしれない。

 

僕は、禁欲において重要なことは性欲を高めることが大事だと考えている。

 

性欲が高めて禁欲してそれをエネルギーに昇華して生かしていくことで人生の幸福度が変わると思うのだ。

 

今回わかったことはスクワットはテストステロンを高めてくれることで性欲を高めてくれるということだ。

 

まだ、年齢的に下半身の問題とかないから気にしてはいないけど、今後、加齢で必ず向き合っていかなければならない問題である。

注意深く観察して、今後の人生に生かしていく。

 

Follow me!

オナ禁25日目 スクワットは性欲を高める” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

オナ禁 20日目

次の記事

愚痴を聞くのは辛すぎる