オアスロウ カーゴパンツとパッカリング

オアスロウの商品について書いてるブログを見るけど、意外とカーゴパンツについて書かれているものがない。

それと似ているベイカーパンツや、デニム生地の105、107、ペインターパンツは注目されているものの、オアスロウ のカーゴパンツを持っていてブログの記事にしている人が少ないため私walkerが記事にしてやろうと考えた。

また、パンツの経年変化はデニムだけのものと思われているがカーゴパンツやチノパンでも楽しめるポイントを書いてみました。

ディテールを簡単に紹介

色はアーミーグリーン。

スリムフィットにする事で、軍パンの野暮ったさを軽減し、いろんなスタイルに取り入れやすいようにアレンジされたとのことだ。

両脇にはスラッシュポケット、両脚にはカーゴパンツ特有のサイドポケットががついている。

フロントにはジッパーフライを採用されている!

素材はコットン100%

格子状に線が入っているのは生地が切れた時に広く裂けるのを防ぐため。

続いて後ろ。

しわくちゃになっていますがバックポケットはアシンメトリーのフラップがついています。

ウエストのサイド部分にはアジャスターがついています。

アジャスターがあることでベルトなしでウエスト調整ができるのが嬉しいポイントです!

膝の部分にはダーツが入っているため着用感を向上させている。

椅子に座ったり、しゃがんで膝を曲げる動作をとった時などが楽に感じる。

105とのシルエットの見比べ

横に並べてみるとシルエットが若干ですがカーゴパンツの方がシュッとしていますね。

サイズは両方S1。

重ねるとカーゴの方が細いのがわかります。

これからのクソ暑い夏に活躍するレインボーサンダル を履いた合わせてみた。

カーゴパンツはシルエット太すぎたりダボついてたりすると子どもっぽく見えるけどテーパードがかかっていることでキレイ目に履くことができます。

カーゴパンツの経年変化はパッカリング

経年変化はデニムだけのものではない。

注目してみれば楽しめるポイントは…パッカリングだ。

数年前、バズリクソンズのチノパンを毎日バイトに履いて行って履き潰したことがあります。

今ではもう処分してなくなりましたが、思い出すとパッカリングのボコボコがものすごくて立体感があってアジがあったのだ。

サイドポケット部分に注目してもらったらわかると思いますが、全然アタリがないですね。

このカーゴパンツは購入して3年経過して、洗濯も約2回ほど…105を履き込んでいたこともあってそこまで履き込めていないため全くと言っていいほど経年変化をしていません。

なので、なるべく意識して履き込んで経年変化するんだぞっていうことを証明してやろうと考えている。

できたら…

履き込んでいきたいという気持ちがあるのですが、下半身の筋トレをしていったらサイズが合わなくなってパツパツになってしまったため履けなくなってしまいました。

 

そのため、履き込むことができずに今はタンスの肥やしになってしまっています。

↑ふくらはぎの部分がパツパツですね笑

今は筋トレをしているため履くことができませんがいつか痩せて履くことになるかもしれませんから少しの間休んでもらっておこうかな笑

 

今回はオアスロウカーゴパンツでした。

 

では…


今回紹介したカーゴパンツスリムフィット

 

バズリクソンズのチノパン。生地がしっかりとしてキレイ目に履けるためいつか書い直したい。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です