【経年変化】無印良品ラウンドファスナーヌメ革財布 (6年)

購入時期

少し前に当ブログで大学時にバイトで稼いだお金で父に無印良品のヌメ革財布をプレゼントして、経年変化した物を紹介させていただきました。

【無印良品】ヌメ革二つ折り財布のエイジング(6年目)

今回紹介するものは僕が実際に大学時代に使用しており、前回紹介したものよりも少し前から使用していた物だ。

現在は親戚にあげたため僕の手元にはありませんがつい最近この財布をみた時にいい感じに経年変化をしているところをみたため、記事にしました。


スペック

ブランド;無印良品

使用年数:6年ほど(前回のものよりも前から使用していた)

使用前の日光浴;なし

手入れ頻度;現在は手入れまったくなし。使用していた時期はブラッシングなどはたまにしていたかな?

ラウンドファスナー財布の経年変化

いい感じに経年変化をしていて美味しそうなパンみたいですね!

随分時間がたったので記憶が曖昧ですが、購入してから約2年ほどは僕が使用していました。

使っている時はブラッシングを定期的にやるように意識していました。

財布を譲ってからはたぶん手入れとかはまったくしていないと聞きましたが、ここまで経年変化するもんなんですね!

逆向き。

型崩れしているのはたぶん、1度水没させたらしくそのあとにメンテナンスをしてなかったためだと思う。

しかし、水没したわりには色が均等にエイジングしていますねぇ♪

確か、少し前に革靴で水ジミができた時はシミを目立たなくさせるために全体を濡らすとテレビでみた気がするが、それのおかげだろうか…

もしかすると、ヌメ革を育てる時に経年変化が気に入らない時に水没させるというやり方もあるのかもしれない…

もちろんリスクがあるのでオススメはしませんが。

収納について

一応、二つ折り財布の分類に入るこの財布は意外と便利なポイントがある。

それが二つ折りなのにカード類がたくさん入るということだ。

2つ折り財布の弱いところは長財布よりもカード類が入らないというとこだが、収納力が多くまず6枚カードが入る。

そしてカード入れの後ろにもあって、写真を撮り忘れたがカード入れ上にもスペースがある。

二つ折り財布にしては収納できるのがポイント高いですね。

お札入れは2つあるため、金額によってお金を分けれるのがいいですね。

当時はお金を分類して管理したいと考えていたのと経年変化を楽しめるという理由でこちらの財布を選びました。

ファスナーを開くと小銭入れがあってこちらも分けれます。

ちなみにファスナーの引き手もヌメ革でできていいてかわいい!

経年変化の見比べ

まずは、同じブランド同士の財布の経年変化の比較。

着用頻度などによって変わることがわかりますね。

今回、紹介したものと購入日数は1年も変わらないはずです。

それにしてもいいエイジングしてるなぁ…

上にマイ財布エムピウも比較。

大切に育てているマイ財布よりも色が濃くなっていて負けた気分になりました。

購入歴をおさらいすると、左下(約6年)右下(約6年。左下より半年ほどあと…?)エムピウ(4年目)となります。

ヌメ革の新品時の比較ができる唯一の場所…札バサミの裏側。

こうみるとめちゃくちゃエイジングしますね。

もう1度言いますと、使用前の日光浴なしでもここまで綺麗に経年変化しました。

いいアジしてるなぁまったく。

さいごに

今回の財布はHPで確認したところなくっていたため廃盤になったのかもしれません。

親戚にあげたとはいえ、経年変化も楽しめて、コスパもよく長く使用できるいい財布です。

 

気になる人は無印の財布をチェックしよう!!!

 

では


【ヌメ革経年変化】エムピウ/ミッレフォリエTAN27 3年目

 

Follow me!

【経年変化】無印良品ラウンドファスナーヌメ革財布 (6年)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です