瞑想をしたその日の変化と翌日の朝

ブログを始めてからというもの禁欲について考えることが多くなった。

 

禁欲で大事にしていることが『性エネルギー』を高めることだ。

 

性エネルギーを高めるために何をしたらいいだろうと考えたら、例えば、運動してテストステロンを高めること、サプリメントを摂取する、ストレッチをする、思考を変えるなどしてきたが変わった感覚がなかった。

話は変わるけど、僕は禁欲をしたらスピリチュアルなことに興味をもつ傾向があるのだ。

 

最近でいうと、仕事している時に

 

「そういえばブッダっていつから出家したっけ?」

って急に思って休憩中に調べたり、禁欲や、ナポレオン・ヒルについて調べたりしだすのだ。

 

そして昨日、どういった経緯でそういった思考になったか覚えていないけど、急に瞑想をしたくなって寝る前の20分ほど瞑想をしたのだ。

 

YOUTUBEで瞑想のBGMを探してスタート。

部屋を真っ暗にして深呼吸で体の力を抜いて、集中。

 

考え事をしてしまいますが、僕は初心者なのでしょうがないと割り切って続けました。

継続すれば、無心になれるのかなと考えています。

 

BGMを聴きながら時間が経過していったのですが、音の中にチーンという金属製の音が聞こえたいた。

それが脳の中に響いて頭部にぞわぞわした今まで感じたことない感覚があった。

それを意識して数分したくらいだろうか、感情面に変化がでた。

 

急に聴いていたBGMに不安、怖いという感情が湧き出てきた。

いまだに原因はわからないけど、このままでは飲み込まれるといったような感覚になって怖くなったのを覚えている。

 

ちょっとまずいかなと思ったのでBGMを止めて、深呼吸をしてからBGMなしで瞑想を続けることにした

 

意識したことは、呼吸をしっかりとしてリラックスすること。

少ししてから、目がおでこの中央あたりを向くようになった。

 

するとおでこあたりがムズムズする感覚に。

そのムズムズ感を感じつつも瞑想をしていると、眼球が意図していないのにいろんな方向を見始めた。

 

自分から動かしている感覚はない。

勝手に動いているから怖いだろうと思うかもしれないけど、冷静に『ベル現象』に似たものだと思っていたため焦ることはなかった。

 

眼球がいろんな方向を向く、その動きを楽しんでいるときに気がついたことがあった。

 

呼吸が浅くなっている。

 

お腹に意識をむけてみると、お腹がへこんでいる。

 

片岡鶴太郎氏がヨガでお腹を凹ませているときのようにだ。

 

なんか俺、やばい方向にいってるんじゃない?って思い始めたのだけど、もう少しだけ継続。

体がだんだんとだるくなってきた。。。

背中が丸まったきたのがわかった。

あぁこのまま倒れてしまいたいと思っていたら、そのままゆっくりと座禅を組んだ体勢のまま顔から前に倒れてしまった。

 

ここで終了。

 

眠かったし、布団引いてそのまま就寝。

 

翌朝、体にエネルギーが湧いているのがわかるくらい気持ちがいい起床ができた。

 

「朝だ!!!仕事にいくか!」

と思って時計をみると起床予定の3時間前に起きてしまった。

このまま起きるのもよかったが仕事に響きそうだったので無理やりねました。

 

しかし、起床時の爽快感がここ数年で1番よかったんじゃないか?って思うほどの爽快感だった。

 

これも瞑想の効果なんだろうか。

 

起きたときに、感じたエネルギーはなんだったんだろうか?

 

僕は性エネルギーだと思っている。

なんでそう思うかは、現在、禁欲しているからってことで。

 

怪しい記事になりましたが、瞑想は楽しいです。

 

また、なにか面白いことがあったら記事にしてみようかな。

とりあえず、今日の寝る前にもやることにしています。

では

 

Follow me!

瞑想をしたその日の変化と翌日の朝” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です