【無印良品】ヌメ革二つ折り財布のエイジング(6年目)

購入動機

学生時代にファッションに興味を持って、気がついたら経年変化の魅力に惹かれた僕はヌメ革のエイジングサンプルを毎日いろんなブログをみて「いつか育ててみたいな」と思っていた。

しかし、部活をやっていたバイトをする暇もなかったため、なかなか育てることができなかった。

大学3年になり、部活を辞めて自分の力で稼いだお金でファッションにお金を使った。

そして、自分にだけお金を使うのではなく、両親にも何か買ってあげたいと思って、父にプレゼントしたのが無印良品の二つ折り財布だった。

今回は、その育った財布を記事にしたいと思います。


スペック

ブランド:無印良品

使用年数:約6年ほど

手入れ:まったくしていない

使用前の日光浴:なし


二つ折り財布の経年変化

 

NOメンテでここまで育っています。

プレゼントしてから一度も手入れしていません。

結構、ワイルドに使用しているせいか水ジミがあります。

内側はあまり変化していません。

カードの擦れ跡が少しありますがそれ以外は新品時とほとんど変わりがありませんね。

パスケース付きです。

手入れしていないだけに汚いですね笑

こっちは綺麗だ。

カードの収納が以外と多くて使い勝手が良さそうですね!


エムピウとの経年変化の比較

僕が毎日使用しているエムピウのヌメ革との経年変化の比較をしました。

左が僕が使っているエムピウで右が今回初登場の無印良品のヌメ革ちゃん。

 

購入歴からしたら無印のほうが経年変化が進んでいるはずなんですが、バックの中にいれっぱにすることが多いからかあまり変化はありませんね。


この財布の機能と感じたこと

財布としての機能性を紹介しておきます。

カード入れですね。

特に変な引っかかりがあるわけでもなくカードの出し入れがスムーズにできました。

黒ずみが少しありますが、これはカードの擦れでできたみたいです。

これもアジだと思って割り切りましょう笑

 

カード入れの後ろ部分にスペースがあります。

 

先ほどのパスケースを入れるスペースになっています。

パスケースを入れることで財布が分厚くなるので、嫌いな人は分けたほうがいいですね。

 

小銭入れ。

意外と小銭を取り出しにくいと感じたのが僕の印象です。

しかし、僕がエムピウのボックス型小銭入れに慣れてしまったからそう感じるだけもしれませんね!

慣れたら気にならないポイントかと思います。

小銭入れの逆のスペース。

意外と収納スペースが多くて、カードが多い人におすすめできる商品だと思います!

では次が最後↓

お札入れが二重になっていること。

これは嬉しいですね。

奥が1万円ゾーンで、次が千円ゾーンと分けることができるのがグッドなポイント。

しかし、みなさんはお気づきかな?

僕がこの財布の内側を撮影する時に手を添えていたことに。

個人的残念ポイントをあげるとしたら、お札入れの柔軟性がないということ。

財布からお金を取り出すときに180度ほど開こうとしたら変な引っかかりがあったことだ。

これがあることでお札を取り出すたびにへんな違和感を感じ、スムーズにお会計ができないのだ。

 

説明がわかりずらいかな。

とにかく残念に感じたポイントがそこの1点だ。


さいごに

お札入れの部分だけ残念だと言ったが、もしかしたら商品の個体差かもしれないし、父からそういった不満も聞いたことがない。

もしかしたら僕が気にしすぎなのかもしれない。

気にしなければ、無印良品の財布は経年変化も楽しめて、コスパもいい、優秀な商品かもしれない。

気になる人がいれば、店頭で触ってみることをおすすめします!!!

では

 

 

Follow me!

【無印良品】ヌメ革二つ折り財布のエイジング(6年目)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です