深夜に酒を飲んで懐かしい曲を聴くと感極まって泣きそうになる。

お酒と懐メロ

普段、お酒を飲まない僕は、最近かっこつけてウイスキーのブラックニッカを飲んでいる。


お酒に酔う楽しさを28歳になって知ったこともあり、酔った状態でブログの記事を作成をすることに楽しさを感じている。

シラフの状態ですとゲスいことを思っているくせに理性が働いてバカのくせに変に常識人ぶって記事を書くため、書きたいことを書けないのです。

ちなみにこの記事を作成している今は上のニッカちゃんを飲んでいるため前頭葉の働きは鈍くなっているのでほぼ素の状態で書いている。

近いうちですが、僕の好きなアニソンの記事をアップしようと考えていて、 夜中(2022年2月2日午前2時)にウイスキーを飲みながらアニソンを聴いてその時に感じていたことを書いたりしているのですがあれだ。

夜中に度数の強い酒を飲んで青春次第に過ごした懐メロを聴くと涙腺が脆くなってくる。

誰しも学生時代に好き嫌い関係なく聴いた歌というのは記憶に残っているものでありそれを夜中に酒を飲みながらyoutubeで聴くと感情が揺すぶられるのです。

あぁ….これがいずれ死語になるであろう『エモい』ってやつか…えもえも〜。

本題

もう1度言いますが、この記事はお酒に酔いながら書いているのですがあれだ。

懐かしい曲っていいですよね!

青春時代というと中学、高校の時に聴いた曲のことを言います?が僕の場合1番の青春は大学時代であり日一人暮らしでアニメを貪るように観ていたのだ。

それが2011年〜2015年という時期であり1番アニメが盛り上がった時期とも言える。

この当時は名作が多く、俺妹や神のみぞ知る世界2期だったり、アカメが斬るだったりいろんな名作が生まれた時期だ。

この時期にアニメにハマって僕は腐るほどアニソンを聴いた。

それが時が過ぎて久しぶりに聴くと感極まってくるのです。

さいごに

急にさいごにっと言ってクソ記事を書いているのは重々承知なのですが、なにが言いたいかというと、心が荒んだ時にこそ自分が青春時代に過ごした歌をお酒を飲んで聴いて泣けばめちゃくちゃストレス発散になりますよってこと。

ストレス社会というクソファッキンな言葉があって、その言葉が当たり前に言われることでさも社会人はストレスを抱えるのが当たり前みたいな風潮がある?感じがしますが、そういった時ほど懐メロとやらを聴いて発散してほしい。

懐メロはたぶん僕たちの潜在意識にこびりついているのです。

それを聴くことによって思い出して感情が揺すぶられてストレス発散になって回復して次も頑張ろうと思える。

本当にいいじゃないですか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。