ハイスクールダンジョンをみて感じたこと

つい最近『ハイスクールダンジョン』という新番組がAbemaTVで放送されている。

 

若者に人気の『フリースタイルダンジョン』の高校生版というわけだ。

2月28日に放送開始をして、第1回目の放送が終わって視聴した僕が感じたことを素直に書くと↓

  1. 「いけー!!!」に違和感
  2. ダンジョンのタイミングが少し遅かったのかも?
  3. フリースタイルダンジョンのレベルの高さにあとで気がつくそしてニヤつく

 

高校生ラップ選手権でダースレイダー氏の「Bring The Beat」の掛け声やUZIさんの「かぁませー」が耳に焼き付いている人からすると違和感があると思う。

 

なんだろう?声の質がダミ声だから聞き馴染みがないからだろうか?

 

まぁ、それはじきに慣れるだろう。気にしない!

 

2のタイミングについては、ここ最近の高校生ラップの波を作ったのは00世代のメンバーの豪華さだと思う。

『百足くん、Ono-Dくん、現ラスボスのFuma no KTRくん、韻マンくん』などのスター性がラップ界を盛り上げてくれたのは間違いない。

 

個人的には、百足くんをラスボスにして、よんろく君を入れて欲しいな。

Ono-Dくんはバトル引退しているから見れないけど、またこの独特なフロウを聴かせてほしい。

 

あぁ00世代のダンジョンだったら女子の視聴率が上がることは間違いないだろうし、人気も高いから、やるとしたらこのタイミングだっただろう。残念だ。

 

しかし、あれだ、ハイスクールダンジョンをみているとフリースタイルダンジョンはものすごいね!

めちゃくちゃレベルが高く感じる。

 

それもそうだ、バトルや人生の経験値も違うし、バトルひとつの瞬間に全てをぶつけて戦っているのだから。

 

ラップで生きていく!という覚悟があるからあんな熱いバトルが見れるのだろう。

いや、高校生たちに覚悟がないとは言っているわけではないけど、やはりそこは経験値と人生経験、物事の視野の広さが大人たちが一歩先に言っているのだろう。

 

今は、ハイスクールダンジョンは放送されたばかりであまり注目はされていない印象だが、まだ、18〜19歳と若い!

 

伸び代しかないんだ!

 

このハイスクールダンジョンはモンスターたちの成長過程を見守る熱い番組になると僕は確信している。

 

だから、現モンスターの若きhip-hopスターたちに陰ながら応援していきたいと僕は思っている。

あぁ、この番組が2〜3年経過した時はどうなるのだろうか?

 

現モンスターが成長しているのか?それとも本家ダンジョンのようにモンスター卒業しているのか楽しみだ!

 

ps;隠れモンスター制度で、普段バトルシーンに出てこない人(高校生ラップ選手権出場者など)が出てくれたら僕はものすごく嬉しい!

 

それこそOno-Dくん出てくれないかな?

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です