オイルアップしたら表情が変わる?NIKE AIR FORCE1 BLACK

AIR FORCE1のオイルアップの必要性

前回の記事はエアフォース1の新品時の写真を撮影しました。

スニーカーでも経年変化を楽しめるんだぞ!っていう証明をするためには、新品時との比較画像が必要だと思ったので写真を撮影しておいた。


前回の記事↓

NIKE Air Force1黒を購入しました!!!


履きこみたいけど、エアフォース1を卸すためにはやるべきことがあるあります。

  1. ブラッシングしてほこりを落とす
  2. オイルを入れて栄養補給
  3. ブラッシングしてオイルを伸ばして乾燥
  4. 防水スプレーをして汚れの付着を防ぐ。

以上のことをしてやっと履けるようになります。


AIR FORCE1はフルグレインレザー (天然皮革)を使用しているため、革靴と同じようにメンテナンスをしてあげることで履き皺によるひび割れを防ぐことができ長く愛用できると僕は考えている。

前回の振り返りで、僕はAIR FORCE1をみた時の印象は「安っぽい見た目」だと言った。

それは、革が乾いてツヤがなく合皮のような印象を受けたからだ。

でも、これは仕方がない。

製造されてから、海を越えて我々の手元に届くまでの長い間、メンテナンスなどされているわけもなく、箱で眠っていたのだから。

 

今回、オイルアップをした時に気が付いたことを記事にしていきますのでよろしくお願いします。

オイルで表情が変わったAIR FORCE1

早速、オイルアップをしてみました。

こちら↑がオイルアップ前に軽くブラッシングだけしただけの画像。

革に力がなく、魅力を感じない。

で、これがオイルアップをしたほうの画像。

シューレースを外してタンまでしっかりと塗り込んでみた。

少しツヤがでているのですが、わかりずらいですね。

少しアップするとツヤがでてきたのがわかりますね!

向かって右のシューレースを外した方がオイルを入れたあとです。

横に並べることでツヤが出ていることがわかります。

やはりレザー商品の新品を購入した時は、手入れをしたほうがいいですね。

ちなみに今回はミンクオイルを薄くぬっておきました。

履き始めにミンクオイルを塗ることで、レザーに栄養を補給できるだけではなく、柔らかくすることができ履き馴染みやすくなると思ったため使用しました。

ミンクオイルを塗ったあとはブラッシングで全体にオイルを伸ばしたあとは乾燥させます。

この時間帯が本当に待ち遠しかった。

ある程度、オイルを乾燥させたあとは防水スプレー

飲食業だから油や水がかかるから必須な防水スプレーです。

CREPをしとけば汚れも安心さ!

 

早速散歩に行ってみた!!!

防水スプレーを吹きかけて乾いたら早速散歩に行くぞ!

 

太陽に当たるとツヤがでますね!

今回は太めのバギーパンツを履いて散歩に行っているのですが、エアフォース1は万能だ。

細めのパンツにはもちろん相性がいいのはわかるけど太めのパンツにも合うなんて最強だ。

黒かっこいいいけど、夏にむけて白も欲しくなってきたなぁ。

皺の形成。

やはり、革の固さが残るため曲がったところに違和感があるが、そのうち気にならなくなるだろう。

履き心地に関してはエアー感はあまり感じはしないがインソールのほどよい固さが快適な歩きを提供してくれる。

約20分ほど歩いたけど足裏の痛みや靴擦れの影響はなく仕事にすぐに履いていけると思った。

今後のAIR FORCE1

今回は革を柔らかくするためにミンクオイルを使用しましたが、柔らかくしすぎると型崩れの原因にもなるので履き始めだけのしようとしています。

今後、手入れする際はコロニルを使用して栄養補給をして履いていこうと考えています。


また、AIR FORCE1は経年変化を楽しめると考えているため経年変化レポートを開始する予定です。

一応、レザーを使用しているからエイジングはすると思うんだけどなぁ。

これも実験なのでやっていきたいです笑

仕事で履いていくため、履きこみをガシガシするのでエイジングするかどうかの見極めはすぐできると思いますので楽しみにしておいてくださいね!

ポストマン101と交互に履いていくため週3の8時間ほどのペースになります。

経年変化レポートは追記型で都度エイジングの進み具合を書いていきますのでよろしくお願いします。


さいごに

今回のAIR FORCE1のオイルを入れたビフォーアフターをどうぞ!

BEFORE↓

AFTER↓


 

Follow me!

オイルアップしたら表情が変わる?NIKE AIR FORCE1 BLACK” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です