アメリカ製のヘビーオンスフルジップパーカー CAMBER

キャンバーヘビーオンスパーカー

購入したのは確か2014年頃だったでしょうか。

当初は男臭い服が好きで女子受けなんて気にせずゴリゴリのアメカジファッションにのめり込んでいた時期でした。

 

その時に出会ったのが今回の記事に出てくるキャンバーのパーカーでした。

行きつけの店員さんが着ていたのを見て一目惚れした僕はバイトで貯めた少ない給料を出して買った思い出がある物だ。

 

パーカーといえば、今も昔もチャンピオン一択だと思っている人も少なくないでしょうが、キャンバーだって負けていない。

 

今回はキャンバーのパーカーについての紹介について書いていこうと思います。

ディテール

素材、製法の全てがMADE IN USAで19オンスの肉厚パーカー。(12.5オンススウェット生地+6.5オンスサーマル生地)

ほとんどのブランドが海外に拠点を移したりしているのに米国製というのが嬉しいですね!

ダブルファスナー。

黒と金のファスナーの相性がかっこよかったためブラックを購入しました。

ナイロン製のドローコードでフードの調整が可能。

ポケットがついています。

手を入れる分にはちょうどいいけど、物を入れるには小さいと感じます。

そでとすそには太いリブがあります。

購入して数年間はほぼ毎日着ていたのでそでの少し伸びていますが破れや擦り切れなどは全くなく結構タフな作りになっていますね。


裏地へ↓

えりにあるタグ。

『MADE IN U.S.A』の文字が。

サーマル。

真冬は厳しいけど秋からちょっと寒いくらいの冬だったらアウターはキャンバーで充分。

デニムと合わせるコーデ

基本デニムで合わせることが多いキャンバー。

黒と白のコントラストが個人的にはツボでシンプルだけど僕は個人的に好きなコーデですね。

秋の少し肌寒いけど日向は暑いという難しい時期に着る時にやっています。

学生の時にしていた服装。

黒に赤ネルシャツで秋っぽさを出していました。

 

今でもこの組み合わせは好きなのですが、ネルシャツのサイズが筋トレのしすぎで入らなくなったことでできなくなりました涙

ちなみにネルシャツのブランドは忖度という日本のブランドで細身の方はキレイ目に着れるしいいブランドだと思っています。

ガチ冬用コーデ。

ダウンベストはシュガーケーン。

 

下に忖度とヒートテックを着ていたのですがそれで真冬を越せるくらい暖かいです。

特にヒートテックにキャンバーのサーマルの保温性にダウンベストの暖かさは本当に最強でした。

 

しかし、弱点はあって首元は寒いためヒートテックはタートルのものを着なければいけないということだ。


以上が僕がしていたキャンバーのコーデです。

ざっとした紹介になってしまいましたが、気が向いた時に修正をする予定ではあります。


さいごに

今では他のアウターを購入したことでめっきり着る機会が減ったキャンバーですが僕の青春時代を過ごしてきた思い出のあるアウターです。

僕が学生だった時に私服として着ていた時に周りはチャンピオンを着る人は多かったのですがキャンバーを着ていた人は全く出会うことはありませんでした。

 

いいブランドなのですがアメカジ好き以外はあまり知名度がないのでしょうか。

ヘビーオンスのわりに着心地も思ったよりは柔らかいし人と被りにくいといった点でもオススメできるものなんですがねぇ…

 

興味があれば1度そでを通してみてもらいたいものです。

 

では、今回はキャンバーのヘビーオンスフルジップパーカーでした!

 

では

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です